キャビテーションの意外な副作用とは

エステで行えるキャビテーションは脂肪を取り除く事によって理想的なスタイルに近づく事が可能であり、しかも施術時間は短くて安全性が高いです。
ただ、キャビテーションは安全性が高いとはいえ、全く副作用が起きないという訳ではないのでこれから施術を受けようかどうかを検討している人はどういった副作用があるのかは知っておくべきです。

まず、キャビテーションは脂肪細胞を破壊して血管やリンパを通り、肝臓で脂肪を分解した後に体外へ排出するようになっています。
こうした仕組みに関わって現れる副作用として施術直後の血中の中性脂肪の値が高くなります。
時間が経つと自然と元に戻るので仮にキャビテーションを行ってすぐ後に血液検査を行って中性脂肪が高いと指摘されたとしても不安になる事はないです。
また、脂肪を分解するために肝臓に負担がかかる事による副作用として、眠気やだるさ、疲れやすいといった症状が現れる事もありますが、こちらについても一時的なものとなります。

その他には脂肪を急に処理する事に伴って術後2,3時間程度は食べ物の吸収が活発となる副作用があります。
そのために術後直ぐの飲食はせっかくのキャビテーションによるダイエット効果が半減してしまうので避けておくべきです。
ただし、水分については代謝を浴する意味もあるのでしっかりと補給するようにはした方が良いです。

この他にはうれしい副作用として、術後2,3日の間は脂肪を燃焼させやすい状態となりますので、その間に運動をする事で効率的にダイエットをする事が可能です。
そのために積極的に運動、特にウォーキングのような有酸素運動を行うのが良いです。
キャビテーションエステ徹底ガイド|効果はあるの?おすすめランキング決定版!はこちら

Comments are closed.